千葉県国民年金基金

0120-65-4192

お問い合わせ•資料請求

受給者の皆様へ

こんな時はこんな手続きが必要です。

こんなときに届け出が必要です 届出用紙の名前 添付書類
住所が変わったとき 住所変更届 なし
氏名が変わったとき 氏名変更届 基金年金証書
年金の受取口座を変えるとき 金融機関変更届 なし
年金証書を棄損・紛失したとき 年金証書再発行 なし
Ⅲ型、Ⅳ型またはⅤ型年金の受給者が国民年金(老齢基礎年金)の繰り上げ請求をしたとき 額改定請求書 なし
年金を受けていられる方が亡くなられたとき 死亡届・遺族一時金・未支給請求書(ご遺族からの届出) 戸籍謄本・住民票(死亡者と請求者)・年金証書

各種届出用紙につきましては、国民年金基金連合会のホームページからダウンロードして頂けます。

年金を受給し続けるためには

国民年金基金の年金は、加入された方が生存しているかぎり受け続けていただくことができるものです。そのため、受給者の方の誕生月に現況(生存)確認をすることになっております。

平成24年から住民基本台帳ネットワークを利用して、年金を受け取られている方の現況(生存)を確認しております。
現況(生存)確認ができた場合は、届出は省略できます。

ただし、住民基本台帳ネットワークで確認できなかった方には、11月上旬に「現況届」の用紙を送付いたします。 氏名等をご記入の上、11月末日までに当基金に到着するようにご提出願います。
なお、現況届が提出されませんと、提出されるまでの間、年金の支払いが一時差止めとなりますので、ご注意ください。

年金受給時の課税の取扱い年金と税金について

年金は、雑所得として所得税がかかります。

国民年金基金の年金額が一定額以上(下の表)の方には、各支払月に支払われる年金額から所得税が源泉徴収されます。
国民年金基金の年金は、民間の生命保険会社の個人年金と違い、国民年金や厚生年金等の年金と併せて公的年金等控除の対象となり、大変お得です。

年齢 年金額
65歳以上の方 80万円以上
60歳以上の方 108万円以上

国民年金、国民年金基金以外からの年金を受けられている方(例・厚生年金を受け取られる方)や給与所得がある方は、確定申告が必要になります。
※毎年1月に前年1月~12月までお受け取りになられた年金額と源泉徴収額を源泉徴収票として発送しております。

年代別で見る国民年金

  • 20代の方へ
  • 30代の方へ
  • 50代の方へ
  • 60代の方へ

年金額シミュレーション

ご相談・お問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせ

千葉県にお住まいの方0120-65-4192 ※フリーダイヤルは千葉県外・IP電話からはつながりません。

千葉県外にお住まいの方043-221-6370

FAXでのお問い合わせ

千葉県外にお住まいの方043-221-6370

資料請求

このページのトップへ